BLOG

06/ オウンドメディア運営を極めるブログ

キャリアプランニングの重要性とは?またそのデメリットと対策とは?

キャリアプランニングの重要性とは?またそのデメリットと対策とは?

キャリアプランニングとは、キャリア(職務経歴)の目標に対して計画を立てる「理想の自分実現計画」のようなもので、日本でも近年重要視されています。

浸透していくにつれてデメリットも指摘されていますが、対策をとる事でそれを防ぐ事が可能です。

キャリアプランニングはなぜ必要なのか?

キャリアプランニングって何?

キャリアプランニングとは、キャリア(職務経歴)の目標に対してプランニングを行い、将来の「理想の自分」について考える事です。元はアメリカのものですが日本でも注目されています。

 

目標をたててゴールを決め、それを実現するに向けての計画という意味で、就職活動や転職活動において非常に重要な意味をもちます。

 

以前の日本は、「世襲制」「年功序列」といった制度によって、自分のキャリアをプランニングする必要性に迫られる機会がとても少なく、キャリアプランニングという言葉も一般的ではありませんでした。

 

しかし、バブル崩壊以降の働き方の多様性により、自分でキャリアを選択する必要が一気に出てきました。


それに伴い、キャリアプランニングの重要性が考えられるようになり、専門機関の創設や専門家の育成が行われるようになっています。

どのように重要なのか?

職業選択の際には、自分がどうなりたいか?どのような仕事がしたいか?の目標を決めておく事で就職活動期から就職後の道がイメージしやすくなります。

 

就職活動における自己分析・企業研究をする上でも重要で、キャリアプランニングをしていると、自らの目標にあった情報も集めやすくなります。

 

転職時にも、元々自らが持っていた目標をイメージできている事で、当初のゴールを見失わずにすみ、その結果、闇雲に転職活動するよりも、自分と企業の相性の良い転職先を見つけやすくなります。

 

適合する職場を探す事は自身の人生・キャリアにおいて非常に重要です。


20世紀初頭のアメリカにおける若者たちの離職率の高さは、自身の適性・適職を分析せずに闇雲に就職活動をした結果、適合しない職場に就職してしまう事が原因の1つであると言われました。

 

そして過去に日本でも同じ点が指摘されています。そのため日本でもキャリアプランニングの重要性が考えられるようになりました。

 

また、就職後の自分自身のイメージがしやすくなるため、あらかじめ抱きやすい不安を解消する事にも繋がります。

キャリアプランニングの方法

人生の振り返り、自己経歴書の作成

まず最初にオススメされる事が多いのは、「人生の振り返り」です。これまでの人生の振り返りの中に、これからのキャリアを考える重要なヒントが隠れています。

 

例えば昔は何が好きで、何に夢中になり、何が得意だったかや、逆に何が苦手で不得意で、興味がなかったものは何か等を明確にしていく事で、自分の好きなものや得意分野をあぶりだす事ができます。

 

また、不得意分野も明確になるため、合わない仕事や、自らが担当すると非効率になる仕事を避ける事も可能です。

 

しかし中には過去と現在で変わっているものもあるので、そればかりに縛られず、1つの参考になるものとして書き出していく事がオススメです。

ライフプランニング作成

キャリアを考える前に必要な事は、ライフ=人生を考え、プランニングする事です。仕事は人生の一部であるため、人生を飛ばして仕事を考える事はできません。

 

そのため、自分の人生において何がしたいのか?何ができるのか?そのためには何が必要か?を考え、計画を立てていきます。

 

このライフプランは、たとえ間違っていても後から修正は可能です。また、キャリアコンサルタントやキャリアカウンセラーといった専門家に依頼し、プランニングしていくという方法もあります。

 

キャリアコンサルタント・キャリアカウンセラーの業務内容や細かな違いについては、「キャリアカウンセラーって何?その資格と、キャリアコンサルタントとの違い」で以前解説していますので、よろしければご参照ください。

キャリアプランニングをし、実行する

自己経歴を棚卸しして、ライフ=人生をプランニングした後にキャリアを考えていきます。

 

10年後や5年後、3年後などをイメージ・逆算して目標を設定し、その目標実現のために、自分の働き方やライフスタイル、特技など、磨くべきものを見出していく作業を通してキャリアをプランニングします。

 

この時に、自己を分析していくに当たって自己経歴やライフプランが基盤となります。その基盤の上にキャリアプランニングは成り立ちます。

 

自分を知り、人生の目標を見定める事で、自らのキャリアの計画を立てていけるようになります。そして、キャリアプランニングは、立てるだけでは叶いませんので、立てた後は実行していく必要があります。

 

立てた目標の中から、まずは今すぐにでも実行可能な事を考え、実行します。今すぐには出来ないものも、今から計画を立て、実行にうつしていく事で、目標の実現に向けて近づく事ができます。

 

実行していく中で、不可能なものや、形が変わっていく目標もありますが、そういったものは適宜見直していく必要があります。

 

見直し、修正を繰り返しながら、より理想のキャリアプランニングを立てて実行していく意識を持つ事も大切です。

キャリアプランニングを立てる事によるデメリットとは?

キャリアの可能性の幅が狭くなる事

全ての物事にはメリットだけである事は無いように、キャリアプランニングにもデメリットがあるため、上手くバランスをとる事が必要です。

 

キャリアプランニングをする事で、ある程度自分の中の可能性を可視化して実現するものを絞っていく作業がありますが、それによりどうしても可能性を狭める場面は出てきます。

 

どちらもを実行する事が不可能な目標のうちのどれかを選択する場合、どれか選ばない選択肢は後回しにするか、切り捨てざるを得ない場面があります。

 

二兎を追うものは一兎をも得ずということわざの通り、あれもこれもと欲張って何もできなくなります。

 

どちらかに的を絞る方が実現率が上がるため、一時的に何かを実行できないというデメリット以上に、選択肢の中から、何を優先すべきかの見極めが重要です。

計画に縛られる事

キャリアプランニングをする事は重要ですが、それによって、計画に縛られる人が出る事があります。

 

計画に縛られて視野が狭くなり、本来持っている可能性を潰してしまったり、またはそのキャリアプランが自分には合っていないのにこだわり続ける事で物事の効率が悪くなり、最終的には心身の調子を崩してしまいます。

 

もちろん「合わない職業」に当たらない事もキャリアプランニングの目的には含まれていますので、キャリアプランが間違っている事が分かれば早急に修正していく事で対応できます。

 

こういった、これらのデメリットはあまり難しく考えすぎる必要はありません。ライフプランやキャリアプランの上でのバランスを意識する事で回避する事が可能です。

 

1人でバランスをとる事が難しい場合は、キャリアコンサルタントなどの専門家の助けを借りる事も1つの手段です。

まとめ

キャリアプランニングは、立てる事ももちろん重要ですが、実現のために実行していく事が大切です。その中で立てた目標を変更すべき時は適宜見直すなどの柔軟な対応をとっていく事で、自身の人生・仕事において重要な役割を果たすでしょう。

 

1人では難しい場合は専門家や専門機関の手を借りる事で対応していく事ができます。

オウンドメディアの制作・企画
ポジショニング戦略・現状ビジネスの差別化等、お気軽にご相談ください。

お電話でのご相談・お問い合わせはこちらから
メールでのご相談・お問い合わせはこちらから

広告費が一切かからない
弊社のインパクトある集客の
ノウハウ、お伝え出来ます

オフィスに遊びにきてみませんか?

株式会社レバレッジ、弊社の
やっていることに
興味を持ってくださっている方、ぜひ、お気軽にオフィスに来てみませんか?

カジュアルに、ワイワイ、会社のことや未来のこと、お話させてください

同じジャンルの記事はこちら

良く読まれる人気の記事はこちら

August 28, 2017

自社メディア、企画します
オウンドメディア創造集団レバレッジ

つづき有起

tsuzuki yuki

つづき有起

魔法の手のヒーラー(気功師)。自身の仕事内容が一般的には怪しい部類のため、いかに怪しまれないようにするかを考えながら毎日ブログを更新し続けるうちにライターとしての技術が培われ、Webライターを兼任する。 1990年 神戸市生まれ。 1995年 阪神淡路大震災に被災。過度のストレスでアトピー性皮膚炎発症。 1996年 神戸市立塩屋小学校入学。 在学中いじめに遭い、アトピーのせいだと考え、コンプレックスを持つ。 2005年 神戸山手女子高校音楽科 入学。 当時の専門分野である歌の技術向上のため購入した呼吸法の本で「整体」という言葉を知り、呼吸と身体と心の関係に興味を持つ。 2008年 同志社女子大学音楽学科 入学。 急な環境の変化で体調が悪化。 薬の処方ばかりで根本治療をしない病院に嫌気がさし、自分で治療法を模索する。 2013年 気功の存在を知る。 以前興味を持った呼吸と身体と心の関係が気功に内包されている事に気付き、気功師となる。 30分でコリがほぐれたり、心が軽くなったりする為お客様より「魔法の手のヒーラー」と呼ばれる。