BLOG

06/ オウンドメディア運営を極めるブログ

オウンドメディアのコンテンツ作成において重要なこと10選!

オウンドメディアのコンテンツ作成において重要なこと10選!

 

近年、ますます導入される企業が増えているオウンドメディア。

そんなオウンドメディアで欠かせないのが、コンテンツ(情報)を発信すること。

 

今回の記事では、コンテンツ作成の際に重要なことを、10コ紹介させていただきます。

 

この記事があなたのオウンドメディアのコンテンツ作成の際に

少しでも役立てればと思います。

 

 

オウンドメディアの肝はコンテンツである

 

コンテンツの発信無しに、オウンドメディアの成功はあり得ません。。

 

オウンドメディアにおいてコンテンツを発信することは、

集客という効果をもたらし、また時にはユーザーとの関係構築を築いていくことができるのです。

 

コンテンツによって、多くのユーザーを集め、

しっかりとした関係構築を築き、ユーザーがあなたのメディアに信頼・安心を抱いたのなら

あなたのビジネスの絶大なファンとなってくれるに違いありません。

 

その為には、コンテンツが肝になってくるのです。

 

ユーザーに対し、企業は何をコンテンツとして発信していけばいいのか?

次はこれらについて説明していきたいと思います。

 

 

では、何をコンテンツにしたらいいの?

 

企業はコンテンツの中身(内容に)困ることが

多いと思いますが、これは事例から学んでいくといいでしょう。

 

以前大手企業の成功事例と、中小・ベンチャー企業の成功事例

まとめた記事があるので、是非そちらを参考にしてみてください。

 

大手企業の成功事例はこちら

中小・ベンチャー企業の成功事例はこちら

 

 

大手企業や中小・ベンチャー企業の成功事例を見てわかる通り、オウンドメディアでは

 

・自社の経験やノウハウをコンテンツにした記事

・自社で扱う商品を引き立たせる為の情報をコンテンツにした記事

・自社で扱う商品で出来ることをコンテンツとした記事

・広いターゲットに向けた、幅広い内容の記事

・自社商品の悩み解決をコンテンツにした記事

 

などといった、以上のような内容を、

コンテンツとして発信していくことが、コンテンツ作成において重要になってきます。

 

中でも、「自社の経験やノウハウをコンテンツにしたオウンドメディア」や

「自社で扱う商品を引き立たせる為の除法をコンテンツにしたオウンドメディア」は

その内容が、ユーザーのニーズ(欲しい情報)であれば、すぐにでも立ち上げていいでしょう。

 

では、実際にオウンドメディアを立ち上げ、

コンテンツを発信していく為には、コンテンツ作成が重要になってきます。

 

コンテンツ作成の10のポイントを

各工程に分けて、説明していきたいと思います。

 

コンテンツ作成に重要なこと10選!

 

コンテンツを作成したのにも関わらず

ユーザーに全く見てもらえないというのは、意味がありません。

 

そうなってしまったのなら、

それまでの時間、人的コストは全て無駄だったことになってしまいます。

 

そうならない為にも、

コンテンツ作成において、しっかりと準備やチェックをすることは重要なのです。

 

今回はコンテンツ作成を各工程に分けて

オウンドメディアのコンテンツ作成に重要なポイントを説明していきたいと思います。

 

 

 まず最初に決めること!

 

さあ、今すぐにコンテンツを作成するぞ

っと、焦ってコンテンツを作成してしまうと、期待の効果を得ることが出来なくなってしまいます。

 

そうならない為にも、

まずは以下の3つを考えてみるようにしてみてください。

 

これを考えるだけで、コンテンツが良質なものになる他、

コンテンツ作成がスムーズになります。

 

 ターゲット設定

まず重要になってくるのは、

一体、誰に対してこのコンテンツを作成しているのかということ。

 

この「誰」が明確であればあるほど、

コンテンツを読んでいる人が、自分に対して書かれているかの気持ちになる為、

コンテンツの効果がすごく上がってきます。

 

また、ターゲットが不明確だと

この後行うキーワード設定や、記事のゴールを決める際に凄く考えにくくなります。

 

ターゲットをしっかりと考え、設定するということは

良質なコンテンツ作成において、とても重要になってくるのです。

 

ニーズを汲み取る

 

次に重要になってくるのは、

しっかりとユーザーのニーズを汲み取るということ。

 

ユーザーにとって、見たくなる情報。

それは、その人にとって有益であるかで決まってきます。

 

ユーザーは求めている情報(有益な情報)があるところを探し、

求めている情報がある場所に集まっていくのです。

 

私たちは、ユーザーの求めている情報(有益な情報)を把握し

それらをコンテンツとして展開していきます。

 

そして、有益な情報を発信する為には

ユーザーにとって一体、何が有益か(ニーズ)を知る必要があります。

 

そのニーズが自社サービスやノウハウに関係しているものであればあるほど、

コンテンツとして、素晴らしい効果を発揮していくことになるでしょう。

 

ニーズを把握し、自社の持つノウハウや経験と擦り合わせる。

 

良質なコンテンツ作成において、

これも凄く重要になってくるのです。

 

発信方法等ルールを決めておく

 

コンテンツ作成において、それが中途半端にならない為にも

しっかりと、ルールを決めることをオススメします。

 

企業によって、コンテンツカレンダーを作成し、

それをクライアントさんに渡しているところが多いのですが、

 

今日、何をすべきかが明確になる為、

凄くありがたいという声を聞きます。

 

・コンテンツ発信日&時間

・大まかな発信内容

・担当者

 

以上のような項目をカレンダーに記入するだけでも

コンテンツ作成がスムーズになり、無駄な作業が少なくなるのです。

 

決めてしまえば、後はやるだけですが、

決めるまでが本当に大変ですよね。。

 

1度、コンテンツカレンダーを作成してみてはいかがでしょうか?

 

 

コンテンツ作成において重要なこと!

 

キーワードの明確化

 

ユーザーはグーグルなどの検索エンジンに検索キーワードを打ち込んで

自分の求めている情報を探します。

 

ということは、このキーワードを意識したコラムを書くことが

コンテンツの集客に直結してくるということはお分かりいただけるでしょうか?

 

また、キーワードは、

どれくらいの検索数があるのかを調べることができます。

 

キーワードの検索数は、ユーザーの需要ということになる為

ユーザーのニーズともいうことができるのです。

 

検索数の多いキーワードには、多くのライバルが存在し、

検索数の少ないキーワードには、ライバルが少ないという傾向があります。

 

検索エンジンに上位表示しなければ

コンテンツへのアクセスは集まりません。

 

どのキーワードを狙っていくか、

これはコンテンツの集客面において凄く重要な役割を果たします。

 

そのコンテンツの意味・ゴールの確認

 

コンテンツを良質なものに仕上げる為に、

しっかりと、そのコンテンツの目的、意味、ゴールを設定しましょう。

 

これらを決めずに、なんとなくコンテンツを作成していても

理想の結果は得られないでしょう。

 

ターゲット設定がしっかりとされていれば、

凄くやりやすいと思います。

 

また、アクセス数などもしっかりとゴールを設定することで、

日々、修正や加筆を行っていくことができるのです。

 

ゴールに向けた記事構成

 

大まかな記事の構成を考えてから

書き始めることで、書いていくうちに軸がブレてしまったり、本題からズレてしまったりすることがなくなります。

 

タイトルと、小見出しだけを決めておくだけでも

かなり書きやすくなってくると思います。

 

大切なのは、設定したゴールに対しどのように展開していくかです。

 

コンテンツのゴールを意識し、

構成を考え、作成していくことで、理想の効果をもたらす

良質なコンテンツになるでしょう。

 

ユーザーにとって有益かどうか

 

自分達の伝えたい情報ばかり伝え、

ユーザーの求めている情報から遠ざかってしまっては、全く意味がありません。

 

大切なのは、ユーザーにとって有益かどうか。

 

記事を目標を意識しすぎるあまり、

自分の世界に入り、ユーザー視点で考えられなくなってしまうことがありますが

 

そういう時ほど、1度冷静になって、

作成したコンテンツを見直してみてください。

 

ターゲットとニーズをしっかりと捉え、

それらを自社のノウハウや経験に擦り合わせ、コンテンツを作成することができていれば大丈夫だと思います。

 

ユーザーにとって有益な情報を発信する為にも、

ターゲット設定とニーズの汲み取りはしっかりとおこなってくださいね。

 

バランスチェック

 

最後に、

コンテンツ全体を見直して最終確認を行います。

 

その際に重要になってくるのが、「バランス」です。

 

バランスがとれていないコンテンツは、

見ずらいコンテンツだとイメージしてください。

 

改行のタイミング、画像のタイミング、小見出しのタイミング。

 

これら全てが綺麗にいくと、

作成したコンテンツは最後まで読まれるのです。

 

コンテンツを作成して疲れてしまったからといって

そのままアップするのではなく、1度確認をしてみてください。

 

きっと、何か問題点を発見し、改善が必要になっていることでしょう。

 

 

コンテンツ発信後に重要なこと

 

継続的な情報発信

 

継続的な情報発信こそ、

多くのユーザーのアクセスを集めることに繋がってきます。

 

効果が得られるまで凄く時間がかかるので、途中で諦めてしまう人がいますが、

それでは本当に、もったいないです。

 

継続的に情報を発信し続けることは、絶対に最高の効果をもたらしてくれることになります。

とにかく、信じて、1度効果を得ることが出来るまで、発信し続けてください。

 

 

継続的な情報発信をしっかりと行っていく為にも、

先ほど説明した、ルールを決めることが重要になってくるのです。

 

コンテンツカレンダーを作成し、

それに従い、継続的に情報発信を行ってください。

 

分析&修正

 

コンテンツを作成し、

オウンドメディアにアップして終わりではありません。

 

むしろ、ここからがスタートなのです。

 

重要なのは、分析と修正です。

 

理想のアクセスを集めることができていないコンテンツを

放ってくのはもったいないです。

 

これらのコンテンツを加筆したり、キーワードを変えてみたり、、、

やることがたくさんあります。

 

その為にも、しっかりとコンテンツごとに目標を設定するのです。

 

この目標に到達していないコンテンツを徹底的に修正していく。

 

シンプルにこれだけですが、

これが本当に、重要になってきます。

 

コンテンツを作成して終わりではなく、

作成してからがスタートだと覚えておいてください。

 

 

良質なコンテンツで、最高のオウンドメディアへ

 

コンテンツ作成において重要な10のこといかがでしたでしょうか?

 

オウンドメディアにおいて、コンテンツは本当に重要です。

コンテンツ良質なオウンドメディアには、人が集まり、仕事が集まります。 

 

せっかく立ち上げたオウンドメディアを

効果的に活用していく為にも、コンテンツ作成をしっかりとおこなってください。

 

オウンドメディアについて、

コンテンツ作成について、何か分からないことがあれば

どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

オウンドメディアの制作・企画
ポジショニング戦略・現状ビジネスの差別化等、お気軽にご相談ください。

お電話でのご相談・お問い合わせはこちらから
メールでのご相談・お問い合わせはこちらから

広告費が一切かからない
弊社のインパクトある集客の
ノウハウ、お伝え出来ます

同じジャンルの記事はこちら

良く読まれる人気の記事はこちら

August 27, 2015

自社メディア、企画します
オウンドメディア創造集団レバレッジ

投稿者:

株式会社レバレッジ 森井 寿生 森井 寿生