BLOG

06/ オウンドメディア運営を極めるブログ

WEBプロモーション × インパクトその効果とは!?

WEBプロモーション × インパクトその効果とは!?

日々の生活の中に広告が溢れている時代において、

最近では、WEBサイトや携帯アプリに広告が溢れています。

 

そして、私たちはこの現状に慣れてしまってはいないだろうか?

 

何かを考え、生み出していく時

凄く恐ろしいのが、この“慣れてしまっている”ということ。

 

あなたはどんな企業の、どんな広告を見ていますか?

 

きっとその広告には何かしらの原因が隠されているのです。

 

今回の記事では、WEBプロモーションにおいて重要な“インパクト”について

説明させていただきたいと思います。

 

今回の記事を通して

今後のWEBプロモーションに役立てていただければと思います。

 

そもそもWEBプロモーションって?

 

WEBプロモーションとは、WEB上での、販売促進戦略ということです。

 

WEBプロモーションは、

商品の購買促進であったり、認知度の向上、集客などといった、様々な目的で展開していきます。

 

WEB上のプロモーション。

この、WEB上だからこそ、多くの人や、狙った人に届けることが出来るのです。 

 

一体何を、誰に、どのようにしてPRしていくか?

これらを明確にすることで、WEBプロモーション を展開していきます。

 

 

WEBプロモーション×インパクト

 

WEBプロモーションに大切な要素、それはインパクトです。

 

あなたはどんな広告が気になり、

どんな広告をいつも見ていますか?

 

基本的に、ユーザーは私たちのPR活動に、全く無関係だと考えています。

 

だからこそ、そんな無関心なユーザーに対し

どのようにしたら、興味を持ってもらえるか?見てもらえるか?

を徹底的に考えることが出来るのです。

 

そして、様々な広告やPRが溢れているWEBの世界において、

興味をもってもらうために、見てもらうためには最初に得られるインパクトが重要なのです。

 

・讃岐うどんのチェーン店が行ったWEBプロモーション

はなまる

 

さぬきうどんチェーン店で有名な『はなまるうどん』

 

この、はなまるうどんが、エイプリルフール企画としてWEBプロモーションを行い、通常の24倍のアクセス数を獲得することに成功しました。

 

そのWEBプロモーションとは、

巨大な大王イカを天ぷらにするというインパクト大の企画でした。

 

嘘だと分かっていてもつい読んでしまうプロモーションで、

さりげなく商品の紹介についても取り入れているのがポイントですね。

 

つい、読んでみたくなりませんでしたか?

この、つい読んでみたくなる感じが凄く重要なのです。

 

よくあるのが、

ユーザーの視点に立って考えることなく、

“これなら絶対にいける”と勘違いをしてしまうこと

 

日々の生活の中で、自分が感じた感情を大切にすることで、

自社で展開していくプロモーションに役立てていってください。

 

大切なのは、常にユーザー視点であることです。

 

WEBプロモーションで、盛り上げていきましょう

 

コストをかけずに大きな効果を生み出すことが出来るのがWEBプロモーションです。

 

もちろん、コストをかけることで、

効果の最大化を図っていくことも出来ますが、コストを掛けずにも展開していく方法はあります。

 

今回紹介させていただいた、

大王イカのキャンペーンでは、広告などのコスト掛けずに、

ユーザー間でのソーシャルメディアを使った口コミなどで爆発的に広がっていきました。

 

 

一体どのようにして、

ユーザーの興味を引くインパクトのあるWEBプロモーションを展開していくのか?

 

ここは、唯一の価値を徹底的に考え提供している弊社だからこそ

提供することが出来る部分が凄くあります。

 

唯一の価値は、それだけでインパクトがあるので。

 

気になる方は是非、

一緒に、WEBプロモーションを考え、展開していけたら嬉しいです。

 

何か分からないこと、

相談などがありましたら、どうぞお気軽にお問い合わせください。

オウンドメディアの制作・企画
ポジショニング戦略・現状ビジネスの差別化等、お気軽にご相談ください。

お電話でのご相談・お問い合わせはこちらから
メールでのご相談・お問い合わせはこちらから

広告費が一切かからない
弊社のインパクトある集客の
ノウハウ、お伝え出来ます

同じジャンルの記事はこちら

良く読まれる人気の記事はこちら

September 10, 2015

自社メディア、企画します
オウンドメディア創造集団レバレッジ

投稿者:

株式会社レバレッジ 森井 寿生 森井 寿生