BLOG

06/ オウンドメディア運営を極めるブログ

中途から新卒まで、採用方法の種類を紹介・解説

中途から新卒まで、採用方法の種類を紹介・解説

昔は新卒一括採用が最も一般的な採用方法でしたが、終身雇用制度が薄れてきた現代において転職を目指す人は増加しています。

 

中途採用で入社する人も増えていますが、中途採用にもさまざまな方法があります。この記事では転職を目指す人に、様々な採用方法を紹介・解説します。

新卒採用と中途採用

毎年4月は学校を卒業した新社会人が現れるフレッシュな時期です。

 

新卒入社の人はこれからの活躍を期待して社会に羽ばたきますが、その一方で中途で入社する社員も数多く存在します。

 

前の会社が自分に合わなかった、もっと良い待遇の会社に就職したいなど、中途で入社する理由は人それぞれですが、新卒と中途の採用の特徴をそれぞれ解説していきます。

 

新卒採用とは?

新卒採用とは学生のうちに就職活動を行い、内定をもらった会社に卒業後入社するという採用方法です。すなわち大学生や高校生、専門学校生など社会人経験がない人物を対象に行う採用です。

 

社会人経験がないため入社後はビジネスマナー研修やスキル研修を徹底的に受けることが多いです。

また、大卒の人のほうが高卒の人より初任給が高かったりなど、学歴によって給料の差があるのが特徴と言えます。

 

社会に出たことがない人を採用するため、ポテンシャルを重視して採用されることがほとんどです。伸び代が期待できないと採用は厳しいでしょう。

業務経験がそもそもないため、学生時代に行った活動や取得した資格、そしてなにより人間性が採用するための大きな基準となります。

 

出身大学も採用基準になるケースが多く、特に大企業であれば特定の大学の学閥が形成されていて、学閥の大学の人を優遇して採用されることも少なくありません。

 

また体育会の部活動に所属している学生は上下関係や協調性、体力など社会人として求められているスキルを大いに満たしていることが期待されるため、一流企業は名門大学の体育会所属といった文武両道の学生が多く入社します。

 

社会人経験がないため、スキルを身につけるようになるまでには長い期間を要する必要があり新卒を採用するには企業に大きなコストがかかります。

 

新卒社員を育成するための経済的コストがあり、また若いほうが企業文化を教えやすいという背景から主に大企業で新卒一括採用が行われています。

 

その一方で中小企業やベンチャー企業では経済的余裕がない場合が多く、新卒採用を実施していない企業も多いです。

 

中途採用とは?

中途採用とは、他の会社の業務経験を持った人を対象に行われる採用です。

 

退職者が出たときの欠員の補充や事業拡大のための人員補充でも中途採用が行われることが多いです。

 

新卒であれば在学中に内定を貰った会社に卒業年の4月に一斉に入社する場合がほとんどですが、中途採用は通年募集しています。

 

中途採用が増えるのは9月と3月であり、その理由として新卒と同じタイミングで研修を受けやすい、年度替わりのため人員調整のため都合がいいといったことが挙げられます。

 

採用が多い時期と少ない時期がありますが、一年中どのタイミングでも会社を辞める人はいますのでその分だけ中途採用も通年で行われています。

 

それまでの業務経験を重視するため、新卒採用と比べて学歴はさほど重要視されないケースが多いです。

 

また新卒一括採用の場合は全員が同じ初任給である場合がほとんどですが、前職の実績やスキルを考慮して給与が設定されるため能力のある人ほど高い給与が望めます。

 

中途採用で入社するということはなんらかの理由があって前職を退職したということになりますが、終身雇用制度が崩れかけている今の日本では、より高い給与と待遇を求めて転職を望む人が多いと考えられています。

また、一口に中途採用といってもその種類は多種多様です。

1.キャリア採用

業界経験がある人を対象に採用する採用形態です。

 

業務経験や資格を有していることが前提ですので、キャリア採用では即戦力となる人材が求められています。

 

裏を返すと、業務経験があったとしても会社として求められているスキルがなければ門前払いです。

 

研修も最低限のみとなっており、即業務に従事することになります。

2.第二新卒採用

学校を卒業後5年以内の20代の若手を中心に採用するのが第二新卒採用です。

 

業務経験はある程度ありますが、それほど長くないため即戦力として期待されることはあまりなく、キャリア採用と新卒採用の中間の採用形態といったところです。

 

新卒で入社した社員が数年以内に会社を辞める割合は年々増えており、約30%が3年以内に辞めるといわれています。

 

それだけ第二新卒で就職先を探している人も増えていて、就職市場でも需要が高い存在であるといえます。

3.スタッフ採用

アシスタントなど補助的な業務を行う人を対象に採用するのがスタッフ採用です。

 

期間や時間が限定されていることが多く、アルバイトやパートに近い雇用形態といえます。

 

スタッフは業務の中心にいるわけではないので決して目立つわけではありませんが、縁の下の力持ちといったポジションです。

4.シニア採用

定年退職でリタイアした高齢者や50代、60代の人を対象に採用するのがシニア採用です。

 

主にパートやアルバイトといった形態で採用されます。老後の小遣いのために働く人が多いです。

 

少子高齢化に伴い若年の労働人口が減少している現状で、注目を浴びているのがシニア世代の労働力です。

 

大手コンビニエンスストアではシニア層が働きやすい環境づくりを実施しており、今後はあらゆる業界でシニア採用が活発化することが予想されています。

5.リファラル採用

自社の社員が知人や友人を紹介することによって採用する形態がリファラル採用です。

 

縁故採用と似ていますが、決定的に異なる点は縁故採用はその人のスキルを考慮せずに入社させるのに対し、リファラル採用は紹介する側がその人のスキルや適性を把握した上で採用選考に進むのが特徴です。

 

紹介のため採用活動にかかるコストを非常に安く抑えることができるのが特徴であり、日本ではまだ浸透してませんがアメリカでは実に7割の企業がリファラル採用を実施しています。 

雇用形態による採用の違い

採用といってもその雇用種類は様々です。

正社員からパートといった、雇用形態によって異なる採用種類を解説します。

正社員採用

その名の通り正社員という待遇で入社をするという雇用形態です。

 

新卒採用で将来の活躍を期待する人や、昇給や昇格があり大きな職責を担うことになる人が正社員採用で入社します。

 

健康・厚生年金などに加入し、期間の定めがない常用雇用となります。

 

正社員雇用は他の雇用と比べて会社内で安定した立場で採用されることになります。

フルタイム採用

労働時間が法定労働時間など、正社員と同じ労働時間で働く人を採用するのがフルタイム採用です。

 

正社員との違いは、労働時間が長くなるため健康保険や厚生年金といった社会保障がより手厚くなることです。

パートタイマー採用

正社員やフルタイム労働者と比べて労働時間や労働日数が少ない人を対象に採用するのがパートタイマー採用です。

 

働ける時間に制限がある主婦がこの採用方法で働くことが多いです。

 

健康保険や厚生年金が不要となるため、企業としては経費削減となります。

まとめ

時代とともに働き方も多様化していますが、採用の種類も多岐にわたっています。

 

終身雇用制度が薄れつつある現代において、中途採用は増加の一途をたどっています。

 

中途の採用でも社員の紹介によって採用を決めるリファラル採用は今後の日本企業でも一般化していくことが予想されます。

 

転職を考えている人は採用の種類を調べた上で、最もニーズに合う採用方法で入社することが求職者にとっても採用する企業にとってもミスマッチを防ぐことができるでしょう。

オウンドメディアの制作・企画
ポジショニング戦略・現状ビジネスの差別化等、お気軽にご相談ください。

お電話でのご相談・お問い合わせはこちらから
メールでのご相談・お問い合わせはこちらから

広告費が一切かからない
弊社のインパクトある集客の
ノウハウ、お伝え出来ます

オフィスに遊びにきてみませんか?

株式会社レバレッジ、弊社の
やっていることに
興味を持ってくださっている方、ぜひ、お気軽にオフィスに来てみませんか?

カジュアルに、ワイワイ、会社のことや未来のこと、お話させてください

同じジャンルの記事はこちら

良く読まれる人気の記事はこちら

July 10, 2017

自社メディア、企画します
オウンドメディア創造集団レバレッジ

saito takahito

斎藤隆仁

会社員をしながら副業でライター活動をしています。 趣味は旅行で、文化財めぐりが好きです。世界遺産検定1級を取得しています。 よろしくお願いいたします。