BLOG

06/ オウンドメディア運営を極めるブログ

本業のブランド力を使って、スピンオフ企画を仕掛けてみませんか?

本業のブランド力を使って、スピンオフ企画を仕掛けてみませんか?
弊社、レバレッジでは、
単なる情報を掲載するような旧来のWEB制作ではなく、
 
『すべての企業に、メディアを。』と称して、
オウンドメディアの制作・運営代行を提供しております。
 
しかし、
レバレッジが一番、得意としているメディア戦略こそ、
 
“スピンオフ企画”です。
 
スピンオフとは、
ウィキペディア的には、派生によって産まれた副産物を意味し、
ビジネスにおいては、企業が企業内部門のうち、1部門を切り離し、1企業として分離して運営することを示す。
スピンアウトという類義語があるが、「スピンオフ」では、分離元の企業とビジネス上、関係を保ち続ける企業に対して利用する場合が多い。 
 
よく聞くのは、映画の“スピンオフ作品”じゃないだろうか。ヒットした映画やドラマや漫画の主人公とは違う人気脇役にスポットを当てて、メインとして、本流のストーリーとは別に作品にすることがよくある。
人気の本流のブランド力と知名度を活用でき、その中に登場した人気脇役や、その主人公の幼年期などにスポットを当てるために、話題性を生ませられ、または、本流に近いストリー展開をさせることで、本流では語られなかったストーリー性をもらせられるので、共感を得られることが多いために、映画などでは、スピンオフ企画はよく作品化される。
 
2015年、今年を盛り上げているのが、あの超大作“スターウオーズ”の初となるスピンオフ作品、“starwars rogue one(原題)”だろう。
 
日本で比較的成功したと言われるスピンオフ作品としては、
織田裕二主演で、大ヒットした“踊る大捜査線”の人気の脇役2人が、
スピンオフ作品として、2本の映画化を実現させている。
 
1304506 
20120115_matsushima_13
 
 
漫画がベストセラーとなり映画化された“DEATH NOTE”も、
スピンオフ作品として、“L change the WorLd”という作品を映画化させて
世界8カ国以上で上演される大ヒットになっている。
 
映画版 L change the WorLd
L change the World 01
 
当社がいうスピンオフ企画とは、
 
 
『本業のブランド力とノウハウを活用して、超ニッチな派生サービスを構築して、本業の営業窓口とは別で売り出すことで、本業のブランドを邪魔せずに、既存クライアントもしくは、新規クライアントの発掘をすることである。』
 
 
 
今後、少しずつ、
弊社が、
立ち上げからさせていただき、成功した各社の実績は、載せていきたい。
 
 

オウンドメディアの制作・企画
ポジショニング戦略・現状ビジネスの差別化等、お気軽にご相談ください。

お電話でのご相談・お問い合わせはこちらから
メールでのご相談・お問い合わせはこちらから

広告費が一切かからない
弊社のインパクトある集客の
ノウハウ、お伝え出来ます

同じジャンルの記事はこちら

  • 関連アイテムはまだありません。

良く読まれる人気の記事はこちら

May 26, 2015

自社メディア、企画します
オウンドメディア創造集団レバレッジ

投稿者:

株式会社レバレッジ 只石 昌幸 只石 昌幸