BLOG

01/ 弊社代表、只石昌幸のブログ

コンセプトが曖昧なまま何かをデザインしたとしても、心に響くものにはならないでしょう。 By 佐藤可士和

コンセプトが曖昧なまま何かをデザインしたとしても、心に響くものにはならないでしょう。 By 佐藤可士和

コンセプトが曖昧なまま何かをデザインしたとしても、

心に響くものにはならないでしょう。

By 佐藤可士和

 

僕らは、メディアを作る前に、そのメディアの目的を明確にする。

すると、そもそも、メディアが本当に必要か?存在意義って何?とか、考え出す。

 

なかには、メディア化する必要もないプロジェクトも出てくる。

なかには、メディアよりもWEBよりもリアルでの解決方法にたどり着くときもある。

 

メディアなんて、しょせん、ツールのひとつ。

 

だから、まずはじめに、目的とゴール設定を決めることを最重要課題とする。

そこから生まれる、タグラインは、強烈なメッセージを放つ。

 

日本で一番、有名なアートディレクター佐藤可士和さんも同じことを

思っていた。

 

曖昧なものをコネくり返しても、何も生まれてこない。

明確なモノだからこそ、メディア化したら、ユーザーに届く。

 

 

そのサービスは、誰のどんなことを解決してくれるのか?

その商品は、なぜ、今の時代、ないといけないのか?

そのモノは、競合他社のモノと何がどう違うのか?

 

考えぬいた先のメディア戦略ほど、効果的なことはない。

僕らは、そう信じている。

だから、僕らは、メディア創りの前の時間に最大のエネルギーを注いでいる。

オフィスに遊びにきてみませんか?

株式会社レバレッジ、弊社の
やっていることに
興味を持ってくださっている方、ぜひ、お気軽にオフィスに来てみませんか?

カジュアルに、ワイワイ、会社のことや未来のこと、お話させてください

同じジャンルの記事はこちら

良く読まれる人気の記事はこちら

May 27, 2015

自社メディア、企画します
オウンドメディア創造集団レバレッジ

只石 昌幸

レバレッジ

只石 昌幸

株式会社レバレッジ Founder&CEO 法政大学経営学部出身/キーエンスを経てWEBコンサルの会社を企業/筋トレ、フィットネス業界最大メディア運営/新極真空手シニア世界8位/得意ジャンルはゼロ→1起業/顧問 山本義徳先生【EAA9絶賛販売中】