BLOG

01/ 弊社代表、只石昌幸のブログ

有料広告を他人のメディアに出稿する前に、そのメディアが、もし・・・自分で運用できたら?って考えるのはどうだろうか。

今の時代、
なにかのサービス、
なにかの商品、

を世の中に提供しようと思ったら
ほぼ、WEBサイトのパワーを使うことになるでしょう。

だから、当たり前のように専用のWEBサイトを作ったり、既存のWEBサイト内に専用のページを追加する。
しかし、これだけでは、世の中の人達の目に届けることはできない。

以前は、こう思われていた。
「インターネットにWEBサイトを作ればモノは売れる」と。

しかし、今はすでに気づかれていて、
告知、マーケティング、PPC広告、SNSでの宣伝などをやらないと、人の目には届かないということが常識になってきている。

だが、ここで、疑問を感じてみませんか?

「なぜ、お金をかけて、他人のメディアサイトに載せようとするのか?」

Googleもひとつのメディアサイトです。
検索というサービスの質がいいから、みんながGoogleを使い、その結果、Googleがメディア化して、Google内に広告を載せると、費用対効果がよく集客できるという理由で、高いお金をかけて、PPC広告という、検索エンジン内への広告掲載を行う。

同じように、同じ業界のポータルサイトに広告を掲載したり、毎日読まれるNewsサイト内に広告を載せたり。

みな、お金を出して、メディアという他人が管理する場所に、広告を貼ろうとする。

では、、、もし、自社でメディアを持っていたら?

これが、 僕ら、レバレッジが考える、『自社メディアの提供』です。

僕たちは、お客様に、情報を掲載するためのWEBサイトを提供しているわけじゃないです。

『お金をかけて、他人のメディアに掲載するよりも、自社で集客できるメディアコンテンツを持ちませんか?』という、世の中への問いかけです。

もちろん、
メディアサイトをゼロから立ち上げるのは、大変だし、コストも人的資源もかかります。

しかし、
もし、そのサービス、その商品を本気で、長期的に販売したり、告知するのであれば、1つのメディアサイトがあるだけで、圧倒的な影響力を持って、届けることがが可能です。

メディアって、遠いテレビや、出版会社などだけが所有するものではないです。

もはや、それぞれの企業が、所有できるのです。もちろん、ベンチャーであっても。

僕らは、
資金力が、大手に比べて、そこまで用意できないベンチャーにこそ、メディアを持ってほしいと考えております。

圧倒的なメディア、自社で運営してみませんか?

オフィスに遊びにきてみませんか?

株式会社レバレッジ、弊社の
やっていることに
興味を持ってくださっている方、ぜひ、お気軽にオフィスに来てみませんか?

カジュアルに、ワイワイ、会社のことや未来のこと、お話させてください

同じジャンルの記事はこちら

良く読まれる人気の記事はこちら

March 25, 2015

自社メディア、企画します
オウンドメディア創造集団レバレッジ

只石 昌幸

レバレッジ

只石 昌幸

株式会社レバレッジ Founder&CEO 法政大学経営学部出身/キーエンスを経てWEBコンサルの会社を企業/筋トレ、フィットネス業界最大メディア運営/新極真空手シニア世界8位/得意ジャンルはゼロ→1起業/顧問 山本義徳先生【EAA9絶賛販売中】