The STORY

レバレッジストーリー

誰もやらないことを、 誰もやれないレベルでやる

正直に、熱く、本物を届ける

レバレッジのストーリーは、2006年、受託ビジネスから始まった。お客様から依頼を頂き、WEBサイトを作る。依頼をもらった時は、すでに商品が完成されていて、その商品の届け方しか、僕らは触れられない。その商品に魅力がなかったら、嘘のマーケティングをするしかない。見せ方をごまかすしかない。仮に魅力的な商品であっても、突き抜けたマーケティングをしようとしてもお客様が許してくれないときもある。もっと、売りたい、もっと、必要とされたい。お客様に訴えれば訴えるほど、「そこまで目立たなくても。」「競合他社と同じ感じでいいよ。」そんなもの、表現したくて独立したわけじゃない。情熱が高すぎて、お客様とぶつかり続けていた。そのやるせなさが社員たちにも及んでしまった。結局、当時の社員たちは全員いなくなった。

2016年1月14日、レバレッジ初となる自社メディアを立ち上げた。当時、誰もやってなかったパーソナルジムのマッチングサービスだ。市場自体もめちゃくちゃ成長している最中だった。確実に、さらに拡大するであろう超ブルーオーシャンの、誰もやってなくて、チャンスに満ちた領域を見つけてしまったのだ。「これだ!この領域で突き抜ける!」そう決めて、とにかく、自分たちのこだわりを表現し、細部までこだわった。フィットネスブームの後押しもあり、急成長し、一気に仲間も増えた。サービスが成長する毎に、超絶、優秀な仲間が増えていった。そんな仲間たちと派生するビジネスをどんどんはじめた。パーソナルトレーナー養成スクールのマーケティングもそのひとつだった。パーソナルトレーナーをすでに全国で二千人も抱える僕らにとって、やれば確実に当てられるビジネス。さらに市場を拡大していった。

そんな日本最大級のメディアを核にしてはじめたのが、通販事業である。普通、通販事業というと、LTVという生涯獲得収益から逆算して多大な広告費を回して拡大するビジネスモデルだ。しかし、ネット通販の会社は溢れていて、広告費の高騰に比例して、その分、原価率を抑えて売るのが当たり前になっている。業界の通説として、商品の原価を20%に抑えないと儲からないようになってしまっていて、どこも粗悪だけど過大な広告で売り切っている商品が溢れている。僕らは、そんなやり方にドロップキックをぶちかました。まず、サプリメント博士と言われるプロフェッショナルの方と組んでYouTubeチャンネルを立ち上げ、SNSで本物の情報を広めた。商品原価も業界水準である20%を完全に無視して、ありえない限界ギリギリまであげた。そして広告費は極力抑えて、SNS中心の広め方にこだわりまくった。結果的に、本物であることが、体感を感じさせ、リピートを産み、口コミを広めた。

誰もやらないことを、誰もやれないレベルでやる。 やるからには、正直に、熱く、本物を届ける。

熱狂は作れる。そのために、まず、僕らが熱狂した。商品作りに、伝えることに、届けることに。嘘があっては熱狂などできない。心から良いと思うモノだからこそ、熱狂できた。レバレッジは熱狂集団ともいえる。しかし、同時に、熱狂しあえる仲間を尊敬し、支え合えているチームともいえる。だから、めちゃくちゃ仲が良いのだろう。レバレッジほど個性あふれる集団が、ここまで仲が良いのは、こういう理由だ。

僕らは、これからも突き進む。世の中をより良く、より優しく、より健康に前向きにするために。

これが、レバレッジのオリジナリティだ。